自分でも自分の汗臭さがわかるぐらいの臭い

あたしが汗で困っているのは、寝汗で汗くさくなる事です。

夜眠っている時に、すごい汗をかきます。

就寝前に風呂に入り、カラダをキレイに洗いますが、起床時絶対母親に「汗クサッ!」と言われます。

自分でも自分の汗臭さがわかるぐらいの臭いです。

そのため、朝起きた時にすぐにシャワーを浴びに行き、汗を流してから出かけるのです。

記憶が正しければ、高校生くらいまでは汗クサいなんてことはありませんでした。

大学に通いだした頃から、体質の変化があったのか、朝目が覚めると匂うようになりました。

遺伝かも?とも思いましたが、家族にはそんな様子はなく、ひとりだけ汗くさいみたいなのです。

臭いのせいで、カレの家に泊まる時も非常に気を使います。

朝カレシよりも先に起き、カラダを洗ってニオイをなくしているのです。

もともと朝に弱いので、早起きするのは大変です。

今の所カレより早く起きる事は出来ていますが、寝坊した際の事を想像したくはないです。

朝早起きしてお風呂に入る事も最近は面倒臭いと思うので、寝汗だけは何とかしたいと思います。

わたくしは汗を多くかくのですけど、汗がもとで悩みになっている事があります。

私服で外出する際にわき汗がかなり目立ってしまうんです。

どうしてかというと私が普段着る服の色が淡いブルーや薄いピンク系など明るいカラーの服がほとんどなので、そうした色の服だと汗に濡れると本当に目立ってしまうんです。

あたしの場合は脇の箇所が20センチ程色が変わってしまい、腕を上げなくても普通にしているだけでその汗で色の変わった部分がまわりにバレてしまうのです。

考えすぎだとは思うのですけど、そのまま人にあうと注目の的になり笑いの種になっている感じがします。

洋服を買いたくてもお金がないのでそれを総入れ替えするなんてできないのです。

というよりも原因となるわき汗の方を何とかするべきだと思います。

でもいったい何をすれば汗の量を抑えることができるんだろう。

そういった事に詳しくないので分からないのです。

摂取する水の量を少なくするようにすると治せるのかな?ですが体にはよくなさそうです。

汗というものは夏になればだれもが気にすると思います。

もしかしたら、汗のおかげで憂鬱な気分で夏を過ごしているという場合もあると思うのです。

特に洋服に汗ジミが出来てしまった場合、とても厄介ですよね。

Yシャツを着用していて、脇汗が目立って恥ずかしかったなんていう事があった方も居るのではないでしょうか。

こうした汗の染み対策として、一番いいのが汗をとってくれる下着を着用する事です。

服の下に着用する事で汗の染みは少なくなります。

でも夏の季節に1枚足すなんて、余計に暑くなるので大変だと思います。

汗ジミは軽くなっても、出る汗の量は増えているかもしれません。

でも今は接触冷感などを謳っているインナーシャツも発売されているので、そのようなタイプの物にするのも良いでしょう。

人が大勢いる場所にいくと注目されて恥ずかしい思いをする汗染み。

早々にそうした悩みから救い出してくれるようなものができてくれないかと思っています。