買い替えが大前提のディーラー下取りは安くなりがち

いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。

簡単ですし足(車)がなくて不自由することはありませんが、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より買値は安くなりがちです。

一方、買取専門業者に査定を依頼すると、複数の会社が競いあうことになり、買値アップが期待できます。

どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した不満やトラブルの報告があがってきます。

最近では買取に伴う相談電話が多く、全体に占める割合も増えています。

例えば一括査定サービスを使ったところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

おかしいなと思ったら、冷静な第三者に相談すると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

純正以外のホイールに履き替えている車を売却する際は、実際に査定を受ける前にメーカー純正品にしておいた方が良いかもしれません。

少数ながら人気の高いホイールもないわけではありませんが、一般的にいうとホイールは純正品のほうが査定に加点がつくことが多いです。

屋外環境は素材の劣化を招くので出来れば屋内に大事に保管しておくと良いです。

人気のある他社製のホイールは結構良い値段でオークションで取引される例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

車の売却時にまだローンが残った状態だと、完済してからでなければ車は売れません。

なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、名義もローン会社であることが普通だからです。

残っていたローンを車を売却する以前に全部払えるのであれば困らないのですが、不可能であれば無理をせず、買取額を使って自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

もっともそれはローン会社が認めた場合だけであって、もし可能でも残債がないときと比べると手続きは複雑です。

車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで直接査定してもらおうと思っているなら、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。

そのかわり持ち込み査定という性質上、基準となる相場もわからないまま価格交渉に臨むことになります。

ですから相場より安い価格で売却するなどという可能性も否めません。

複数の会社に訪問査定を依頼した方が良い値段がつきます。

中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を受けるにはコツというものがあります。

むこうが欲しいのは「契約」ですから、金額の折り合いがつけばすぐにでも契約するアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

商品となる車の引取りの日にちがここで決定するとなると業者としては中古車として販売する前の下準備の段取りがだいたい描けるので、提示価格への上乗せを求めても比較的うまくいくわけです。

中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

けれども貴重な休日をつぶしてまで買取業者にそうそう何件も足を運ぶのは難しいです。

そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。

24時間いつでも申し込みでき、1回の入力で何十社もの見積額を知ることができるため、極めて短時間で成果を得ることができます。

ただ、自分が申し込んだ複数の会社から申し込み後には競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、それはそれで面倒です。

たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている中古車屋に打診するというのもありです。

もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

隠蔽行為は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

それに契約書をよく読んでいくとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

普段使っている車を売る際は、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、どうしても車が必要だという人の場合は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

ただ、代車の手配というのはどこの中古車屋でもやってくれるかというと、そうでもありません。

次の車の納車まで間が空きそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか担当者に聞いておくと安心です。