ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後

看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度あります。

看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を保っています。

看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできればパスできる試験です。

看護師として働く人が転職しようとする時、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

そうは言っても、頑張って看護師の資格を取ることができたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。

全然異なった職種だとしても、有利となる職場は多くあります。

苦労して取得した資格ですから、活かさないと無駄になってしまいます。

看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンが挙げられます。

看護師免許を得るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。

試験を受けるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護について勉強するという条件があります。

看護師が転職をするには、未来のことを考えて早めに行動を起こすことが大切です。

また、どんな点を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。

将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。

給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。

看護師の場合でも転職がいくつかあると印象が悪くなるかというと、そうであるとは言い切れません。

自己PRの方法を工夫すれば、意欲と経験があるといったイメージをつけることもできますね。

けれども、働いている年数があまりにも短い場合は、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまうこともありえるでしょう。

看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に沿う条件での求人があるとは言えません。

看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。

可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいとほとんどの方が思っています。

希望に合う勤め先に転職するためには、情報の収集が重要になります。

看護師の勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊な上に、職場によっても変わります。

体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっていることが多いです。

2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。

しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。

日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。

けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。

公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。

準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。

ナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリア開発としておくのが賢明です。

過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。

実態としてはその通りだったとしても素直に明かす意味もありませんので、積極的な姿勢で求職していることを言えるように準備しておきましょう。

産業看護師は従業員の健康が保てるように保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。

産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワークで見つけようとするのは難しいでしょう。

興味がある場合は看護師転職サイトを活用してください。

看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども数多く載っています。